薄毛治療の方法と効果

  • HOME
  • 薄毛治療の方法と効果
list

AGA・薄毛治療のおすすめ専門病院

薄毛治療の方法と効果

薄毛治療は、薄毛の種類や進行具合に応じて適切な治療が行われるため、まずは病院に行ってカウンセリングを受けることから始めます。
薄毛治療の専門病院では、遺伝子検査や血流検査、頭皮状態の確認など薄毛の原因をしっかりと明確化したうえ、最適な治療法を提案してくれるケースもあります。
下記資料は、日本皮膚科学会が男性型脱毛症(AGA)について10種類の対処法を、学会として推奨できるか研究論文や科学的根拠をもとに5段階で評価しています。
下記の資料のように、フィナステリド(プロペシア錠)とミノキシジルを用いた投薬治療は最高ランクのA評価となっており、最も一般的な治療法として採用されています。
フィナステリドは、医師の処方が必要な医薬品に該当しているため、専門医療機関での治療が必要となります。
フィナステリドは効果が出るまで半年から1年くらいはかかりますが、3年間服用すれば、98%の脱毛改善が見られたという臨床データもあるほど高い治療効果が期待できます。
また、フィナステリドと同時にミノキシジルを用いることで、高い発効果が得られるデータもあるので、多くの病院では両方の同時服用が採用されています。
自毛植毛は、採取できるドナーが限られるなど、制約もあるためBランクと評価されています。
市販の育毛剤に含まれているアデノシンなどの成分は軒並みにC1評価となっており、十分な根拠がないとされています。
つまり、薄毛治療は市販の育毛剤や育毛シャンプーを購入するより、専門クリニックに受診したほうが、改善効果が期待できることが理解できます。

男性型脱毛症の対症法 (日本皮膚科学会)

対処方 推奨度
フェナステリド A
ミノキシジル A
自毛植毛 B
塩化カプロニウム(育毛剤成分) C1
t‐フラパノン(育毛剤成分) C1
アデノシン(育毛剤成分) C1
サイトプリン・ペンタデカン(育毛剤成分) C1
ケトコナゾール(育毛剤成分) C1
セファラチン(経口薬) C2
人工毛植毛術 D

A=行うよう強く勧められる
B=行うよう勧められる
C1=十分な根拠がない
C2=根拠が無いので勧められない
D=勧められない

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved