薄毛治療と保険適用

  • HOME
  • 薄毛治療と保険適用
list

AGA・薄毛治療のおすすめ専門病院

薄毛治療は保険適用外

薄毛治療で処方されるプロペシア錠は、厚生労働省が定めた医療保険適用の病気に該当していません。

レーシックやインプラント、ED治療と同じように自由診療扱いとなり、費用は全額自己負担となっています。

ただし、薄毛(AGA)治療が、「治療行為」と判断された場合は、医療費控除の対象となるケースがあります。

主に、精神疾患や他の疾患が原因で薄毛治療を行っている場合は、治療目的とみなされることがあるようです。

医療費控除の対象になれば、薄毛治療にかかった費用の一部を所得税から控除できるため、税金の支払いを軽減することが可能です。

ただし、税務署の判断によって左右される場合が多いため、最寄りの税務署に相談してみることをおすすめします。

円形脱毛症は保険対象です

円形脱毛症は保険対象です

薄毛の種類も様々あり、全てが自由診療とういわけではありません。

薄毛の1つである円形脱毛症は、治療法によっては保険対象となっているため、経済的負担を軽くすることが可能です。

円形脱毛症は、男女問わず発症すると言われていますが、約半数の人は30歳までに発症する傾向があります。

精神的ストレスが原因と言われていましたが、最近では自己免疫の異常によって引き起こされる自己免疫疾患が有力と考えられています。

治療にはステロイドを用いた塗り薬や内服薬が一般的に利用されており、セファラチンと呼ばれる薬も健康保険適用となっています。

円形脱毛症は、自覚症状はほとんどありませんが、症状によっては有効な治療法もあるため、一人で悩まず病院で専門医に診てもらうようにしましょう。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved