薄毛治療の副作用と注意点

  • HOME
  • 薄毛治療の副作用と注意点
list

AGA・薄毛治療のおすすめ専門病院

薄毛治療の副作用

薄毛治療で用いられる代表的な治療薬としてプロペシア錠(フィナステリド)やミノキシジルがあります。

これらは、高い薄毛の改善に高い効果が得られるいっぽうで、副作用のリスクもあるため、服用する際は必ず医師の指示に従いましょう。

まず、プロペシア錠は、性欲の減退や勃起機能の低下の副作用があり、まれに全身倦怠感や肝機能障害などの重い症状もあるため注意が必要です。

また、ミノキシジルはEDの副作用が確認されているほか、日本ではミノキシジル内服薬の開発段階で、動物実験中に心臓破裂の事故が起きて開発が中止になった経緯があるため、 外用薬に使用のみに留めておいたほうが良いでしょう。

既婚者が直面する薄毛治療の注意点

既婚者が直面する薄毛治療の注意点

薄毛治療やAGA治療に使用されるプロペシア錠やミノキシジルは、性欲減退、精子減少、ED(勃起不全)の副作用が報告されています。

したがって、子供が欲しいと考えている人は、服用前に十分に検討する必要があります。

AGA治療薬は効果が出るまでに最短で半年かかり、効果が完全に出るまでは3年以上かかると言われているため、長期間の服用が必要になってきます。

その間、子作りができない可能性もあるため、夫婦でよく話し合ってから決めるようにしましょう。

また、女性はプロペシア錠に触れただけでも皮膚から浸透し、男児の生殖器の発達に異常をきたすリスクがあるため、女性の手が触れる場所に置かないよう注意が必要です。

副作用のない最新の薄毛治療法

最近では、東京恵比寿クリニックが採用している血流改善ガス治療や、HARG治療センターが開発したハーグ療法など、投薬治療を行わず高い発毛効果が実感できる治療法があります。

両者とも副作用の心配がないため、性別・年齢に関係なく誰でも高い発毛効果を得られるのが魅力です。

投薬治療に比べて1回当たりの治療費が割高に感じられますが、投薬治療よりも短期間で効果が得られるケースが多いため、総合的に見れば安くなる傾向にあります。

薄毛を改善したいけど副作用のリスクが気になるという方は、血流改善ガス治療やハーグ療法を検討してみてはいかがでしょうか。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved