AGA治療とは

  • HOME
  • AGA治療とは
nurse

効果的な病院でのAGA治療

AGA治療と薄毛治療の違い

AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロン(DHT)が発生することで薄毛になる症状のことを言います。

つまり、DHTという原因物資を抑制することで薄毛を大幅に改善することが可能ですが、治療には医師の処方が必要となる医薬品が用いられます。

いっぽう、薄毛治療は、「加齢による細胞の活性化の低下」や「頭皮の健康状態」を改善することで育毛が活性化することで、発毛を実感することができます。

生活スタイルの改善、育毛剤、シャンプー、サプリメントなど個人で改善できる人もいますが、病院による治療法のほうが効果的です。

AGAの場合は、いくら頭皮環境を整えてもDHTの問題を解決しない限り進行を食い止めることは不可能なため、薄毛で悩んでいる人は専門医に一度相談してみることをおすすめします。

内服薬・外用薬を用いた治療方法

AGAの治療方法は、医師による診察・視診によって薄毛の進行状況をチェックしたり、遺伝子検査を用いて将来の薄毛リスクを確認していきます。

主な治療法は、上記でも述べたミノキシジルやフィナステリド(プロペシア錠)を用いた投薬治療となります。

フィナステリド(プロペシア錠)は、AGAを引き起こす原因である男性ホルモンの生成を抑制し、薄毛や抜け毛を改善します。

いっぽう、ミノキシジルは、血管拡張させ、毛の成長や発毛を促す効果が期待される外用薬で、フィナステリドと併用することでより効果を発揮できます。

成長因子を用いた治療法

AGAの治療法としてはプロペシア錠を用いた投薬が一般的ですが、スマートメソHRやハーグ療法といった成長因子を用いた最新の治療法があります。

これらの治療法は、成長因子(グロースファクター)に必要な栄養素が配合された薬剤を直接毛根に注入することで、発毛効果を強力に促す方法です。

病院によって詳細な施術方法は異なりますが、注射やレーザーなどの機器を用いて、ミノキシジルやビタミン、アミノ酸などを注入する育毛メソセラピーより効果的と言われています。

成長因子用いた治療法は、施術時間も15分程度の短時間で高い効果が期待できますが、一般の皮膚科などの病院ではあまり実施されておらず、AGA専門の病院で受けるのが一般的です。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved