AGA治療の期間

  • HOME
  • AGA治療の期間
nurse

効果的な病院でのAGA治療

AGAの治療期間

AGA治療薬は、すぐに服用したからといって、効果が実感できるものではなく、毎日根気よく継続することがカギとなってきます。

したがって、治療期間は長期間に及ぶと覚悟しておいた方が良いでしょう。

さらに、AGA治療を専門病院でしたからといって、必ずしも効果が出ると言えず、個人差があるということも理解しておく必要があります。

少しでも治療の効果を実感したければ、他の病気と同様に進行の早い段階で病院へかかる「早期発見・早期治療」がAGAでも重要となってきます。

プロペシアは6カ月が効果の目安

プロペシアは6カ月が効果の目安

病院で処方されるAGA治療薬のプロペシア錠(フィナステリド)は、個人差はありますが、服用してから6カ月~1年で発毛効果が出てくると言われています。

症状が軽い人ほど早い段階で効果が見られ、AGA治療の時期が遅れた人ほど効果が出るまで長期間を要する必要があるため、少しでも薄毛が気になりだしたら早めに病院へ行くようにしましょう。

AGA治療は根気よく継続する必要があるため、効果が実感できない最初のうちは習慣化させるのが困難に感じる人もいると思います。

しかし、3年間フィナステリドを服用した結果、脱毛の改善が見られた人が98%にも及んだという臨床結果も出ているので、治療期間が長い代わりにその分期待できる治療法です。

AGA治療は半永久的に継続

AGA治療は、多くの患者さんが薄毛の改善効果が見られている画期的な治療法ですが、状態を持続させるためには半永久的に継続する必要があります。

これは、フィナステリドの服用によってAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成が阻害されていますが、服用を中止してしまうとDHTの生成が再開されてしまうからです。

したがって、取り戻した毛髪状態を継続したいのであれば、AGA治療薬も継続して服用し続ける必要があります。

継続するとその分、治療費や医薬品代が発生し負担も大きくなるため、60代を過ぎれば周囲も薄毛の人が増えてくると考え治療の継続を止めるのも1つの選択肢でしょう。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved