AGA治療と保険適用

  • HOME
  • AGA治療と保険適用
nurse

効果的な病院でのAGA治療

AGAは保険適用外の自由診療

AGAの治療を考えている人の多くは、公的医療保険が適用されているかが懸念材料となっていますが、残念ながらAGA治療は自由診療の扱いになっています。

AGA治療薬であるフィナステリドおよびミノキシジル、あるいは植毛手術などは、インプラント、レーシック、ED治療、美容整形などと同様の取扱いとなっています。

健康保険の対象となる治療は、生命の危険性や健康にリスクが生じる病気に関する治療が一般的となっており、AGAは病気といえども美容的な性格が強いみなされているのが現実です。

民間の保険会社が販売している医療保険も保障対象外になってしまうので、AGA治療にはある程度の費用が発生することを頭に入れておいた方が良いでしょう。

自由診療が故の注意点

自由診療が故の注意点

AGA治療は健康保険適用外の自由診療扱いだとうことは、病院側が治療費を自由に設定できることになります。

したがって、病院によって治療費は変わってくるため、病院選びは始めから1つに絞るのではなく、他と比較しながら選ぶようにしましょう。

その際は、料金が安いだけで選ばず、実績や評判なども含めて総合的に判断することが、失敗しない病院選びへとつながっていきます。

AGA治療を始めたら長期間お世話になるために、安心して何でも相談可能な信頼できる病院を探しましょう。

医療費控除を受けることは可能?

医療費控除とは、負担した医療費の一部を税金(所得税)から控除することが可能で、その分支払う税金を抑えることができます。

医療費控除の対象となる医療費とは、「医師による診療または治療の対価」または「治療または療養に必要な医薬品の購入の対価」などが法令によって定められています。

しかし、同時に「いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し又は容貌を変えるなどの費用は、医療費に該当しないことに留意する」(所得税基本通達73-4)となっているので、基本的には医療費控除の適用外と考えることができます。

ただし、精神疾患をはじめとした他の基礎疾患等が原因によりAGA治療を行っている場合は、治療目的として医療費控除が適用されるケースもあるようです。

美容目的か、あるいは治療目的と判断されるかは、最寄りの税務署によって見解が異なってくるため、最寄りの税務署か税理士に相談してみると良いでしょう。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved