AGA治療の効果

  • HOME
  • AGA治療の効果
nurse

効果的な病院でのAGA治療

ADA治療薬の効果

ADA治療では多くの医師が薬理作用が異なる薬やサプリメントを併用することで、発毛効果を最大限に引き出しています。

ここでは、AGA治療の際に処方される各医薬品の効果・効能について紹介していますので参考にしてみてください。

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリドは、プロペシア錠として世界各国で発売されているAGA治療薬で、発毛を抑制するジヒドロテストステロンへ変換する酵素「5αリダクターゼ」を阻害する働きがあります。

もともとは、前立腺肥大症の治療薬として開発されていましたが、発毛効果が見られたことからAGA治療薬に用いられるようになりました。

そのため、フィナステリドを服用することで、AGAの改善のみならず、前立腺肥大・前立腺がんのリスクを低減するとも言われています。

ただし、DTHは胎児の成長に大きな役割を果たしていると言われており、妊娠した場合に胎児の外性器奇形が生じるリスクがあるため、女性は服用できません。

ミノキシジル

ミノキシジルは、元々は血管拡張剤として開発された成分ですが、発毛効果が判明してから発毛剤に転用されています。

毛根周辺の毛細血管を太く・強くすることで、毛根への栄養を送り込むことを可能とし、強い髪の毛を作ることができます。

フィナステリドとは薬理作用が違うため併用可能なうえ、両方を使用したほうが発毛効果を高めることが可能です。

女性の薄毛治療・FAGA治療のためにも多くの病院で利用されている発毛剤です。

ただし、ミノキシジル錠は日本では認可されておらず、医師が輸入して全責任の下処方しているため、重大な副作用を発症しても国の保護制度を受けることができません。

したがって、ミノキシジルは万が一に備えて外用薬に留めておいた方が良いでしょう。

パンドガール

女性がAGAになった場合(FAGA)、フィナステリドを服用することはできないため、代わりにパントガールが用いられています。

パントガールは、健康な髪を生成するために必要不可欠なタンパク質の「ケラチン」や「ビタミンB群」、毛髪や皮膚組織を正常にする「パントテン酸カルシウム」、毛髪の主成分であるアミノ酸の「シスチン」が含まれています。

これらの栄養素で毛根を活性化せることで、脱毛の減少、発毛促進、髪質力の改善が実証されている治療薬です。

AGAでも男性と女性ではタイプが異なるため、女性特有の薄毛に対して高い臨床データが出ている当治療薬は、FAGA以外にも幅広い薄毛対策として利用されています。

パガンドールはドイツで開発されて世界中で処方されていますが、いまだ副作用が報告されていない安全性の高い治療薬です。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved