AGA治療の費用・料金

  • HOME
  • AGA治療の費用・料金
nurse

効果的な病院でのAGA治療

AGA治療の料金相場

AGA治療は自由診療のより病院ごとに料金体系は異なるので、複数の病院の治療費を確認してみると良いでしょう。

AGA治療薬であるプロペシア錠は、専門クリニックの他に皮膚科などの一般病院でも処方してもらえます。

投薬治療を行う場合は、一般病院で8000円~15000円が相場となっており、専門病院になると15000~30000円と高額になってしまいます。

専門病院の費用は高いですが、治療薬の処方以外にもカウンセリングや遺伝子検査などより専門性の高い診察を受けることが可能です。

さらに、治療薬は、プロペシア錠以外にもミノキシジルなど複数の医薬品を併用したオーダーメイドの治療薬を処方してもらえるので、より効果が期待できます。

初診は、5000円~7000円くらいが相場になっていますが、キャンペーンなどで無料になっていることもあるため、見逃さないようにしましょう。

ジェネリック医薬品で費用を抑える

ジェネリック医薬品で費用を抑える

AGA治療薬であるプロペシア錠(フィナステリド)は、アメリカのメルク社が開発した医薬品で、日本ではMSD社からのみ販売されていました。

しかし、2015年4月よりファイザー株式会社からプロペシア錠のジェネリック医薬品である「フィナステリド錠」の販売が開始されています。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品が持つ構造や製造方法に関する特許が切れた後に、同等の効果と成分を含んだ後発医薬品のことを言います。

開発コストが抑えられるため、先発薬品よりも安い料金が買えるメリットがあり、自由診療であるAGA治療には非常に魅力的です。

プロペシア錠のジェネリック医薬品を処方してくれるAGA専門病院はたくさんあるので、少しでも費用を節約したい人は医師に相談してみると良いでしょう。

料金が安い海外製は要注意!

AGAは克服したいけど、病院にかかると費用が高いという理由で海外のAGA治療薬をネットで購入する人がいます。

個人自身の使用目的であれば海外の医薬品を購入することは薬事法上合法となっていますが、リスクが非常に高いので止めるべきです。

インターネットを通じて購入できる海外のフィナステリドは、模造品であるケースが数多く発見されています。

また、粗悪な環境で製造された医薬品も少なく、安全性が保障されないので、AGA治療薬は必ず病院から処方してもらうようにしましょう。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved