AGAとは

mind

AGAの基礎知識

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症「Androgenetic Alopecia」の略称であり、脱毛タイプの1つに数えられます。

特に若い男性に多く見られる症状で、思春期以降に額の生え際は薄くなるパターン、頭頂部が薄くなるパターン、そして混合パターンの3つがあります。

AGAを発症している人は全国で1200万人以上いると言われており、その数は成人男性の3人に1人になります。

AGAのケアをしたことがある人は半数程度しかおらず、放置しておくと薄毛が進行していき、毛包が未発達のまま髪が抜けてしまいます。

ただし、AGAの特徴として、薄毛になってしまっても「うぶ毛」は残っているため、適切な治療により髪の毛を太く長く育てることが可能で、本来のフサフサの髪を取り戻すことが期待できます。

前立腺がんとの関係

前立腺がんとの関係

AGAは、男性モルモンであるジヒドロテストステロンという物質が脱毛を促すことで、薄毛・抜け毛を引き起こします。

このジヒドロテストステロンは、頭部に作用するとAGAを引き起こしますが、前立腺に作用すると前立腺肥大症を起こし、最悪の場合は前立腺がんを発症します。

加齢になるとジヒドロテストステロンが生成されやすくなってしまい、薄毛や前立腺がんが発症しやすいのはこのためです。

AGA治療薬(フィナステリド)を服用することで、前立腺がんの予防効果につながると言われるのは、両者の原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を阻害する作用があるからです。

AGAは女性も発症します

AGAは、男性型脱毛症という名称の通り、男性に多いイメージがありますが、女性でも発症します。

女性の場合は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれており、症状は男性とは異なってきます。

女性の体内にも薄毛・抜け毛に影響ある男性ホルモンがありますが、女性の場合は髪の毛が育てる女性ホルモン「エストロゲン」があります。

したがって、エストロゲンの作用で髪の毛が生え変わるサイクルが長くなり、薄毛・抜け毛の進行も遅くなります。

しかし、加齢、ストレス、ダイエット、不摂生なライフスタイルにより女性ホルモンが減少し、男性と同様にAGAに発症しやすくなってしまいます。

それでも、女性ホルモンが減少してもゼロにはならないため、生え際の後退が見られるAGAと異なり、FAGAは頭髪全体が細くなることで頭頂部が薄くなるのが特徴です。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved