AGAになる原因

  • HOME
  • AGAになる原因
mind

AGAの基礎知識

簡単にできるAGAのセルフチェック

AGAの原因は、男性ホルモン「テストステロン」が主な原因だと言われています。
テストステロンは、5aリダクダーゼと呼ばれる変換酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されます。
このジヒドロテストステロンが、髪の毛を生成する毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合し、発毛が抑制されて薄毛・抜け毛を促してしまいます。
テストステロン自体は、髪の毛を太く強くする作用がある男性ホルモンですが、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうと抜け毛・薄毛を促進させてしまうのです。
テストステロンは加齢に伴い減少していきますが、ジヒドロテストステロンは増加していくと言われています。
ただし、ジヒドロテストステロンが生成されたからと言って必ず薄毛につながるのではなく、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合して始めて薄毛・抜け毛が促されます。
受容体のない後頭部や側頭部には影響を受けず、AGAの症状が受容体のある額や頭頂部に見られるのはこのためです。

AGAは遺伝する!?

AGAは遺伝する!?

AGAは遺伝すると言われているにもかかわらず、なかなか有力な証拠が見つからない状態が続いていましたが、男性型脱毛症に直結するとされる遺伝子がドイツ・ボン大学の研究チームによって発見されています。
研究チームの報告によれば、若くして頭髪が薄くなる人はX染色体にある男性モルモン(アンドロゲン)の遺伝子に変異があることが分かっています。
男性はXとYの染色体を持ち、X体は母親から受け継ぐので、母方の祖父が薄毛の場合は自分にも影響があることが考えられます。
詳細は未だ解明されていませんが、遺伝と男性ホルモンがAGAの発症に大きく影響しているとされています。

日々の生活に潜むAGAリスク

AGAは遺伝する以外にも、ストレスや生活習慣によっても引き起こされることが言われています。
ストレスは、自律神経のバランスを乱し、血流を悪化させることで毛根まで十分な栄養が届かなくなり、毛髪の成長が阻害されてしまいます。
また、偏食、睡眠不足、喫煙習慣などの不規則な生活習慣も、頭皮の状態に悪影響を及ぼし、AGAの発症を促進させてしまいます。
ストレスや生活習慣は、毛髪のみならず体の様々な部分に悪影響を及ぼすため、日頃から健康管理には十分に気をつける必要があります。

【注意したい生活習慣】

食事 特に亜鉛やビタミンが健康な髪の育成に必要です。
飲酒 過度な飲酒は髪に重要な亜鉛やミネラルが消費されてしまいます。
喫煙 喫煙は血管を収縮させるため、頭皮の血行を悪化させ、育毛を阻害してしまいます。
睡眠 髪の毛は22時~2時の間が生えやすいと言われています。夜更かしや睡眠不足は禁物。
page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved