AGAを病院で治療する選択肢

  • HOME
  • AGAを病院で治療する選択肢
mind

AGAの基礎知識

AGAを病院で治療するという選択肢

AGAを病院で治療するという選択肢

AGAは、髪の毛が十分に育つ前に抜け落ちてしまうという疾患の1つなので、少しでも早く改善したい場合は病院に通うのが一番です。

AGAは、プロペシア錠(フィナステリド)と呼ばれる薬を用いた薬物療法が一般的で、これらを処方してもらえる内科・皮膚科で治療が可能です。

しかし、最新の医療設備や快適な院内設備を設けているAGA専門クリニックのほうが、治療実績も豊富で専門医から診察してもらえるため高い効果が期待できます。

流れとしては、まずカウンセリングを受けて現在の状態を把握し、診察や遺伝子検査を行って治療方針を決めていくパターンが一般的です。

AGA治療の専門病院へ行くメリット

プロペシア錠(フィナステリド)は一般病院でも処方してもらえますが、AGAに関する豊富な知識と施術実績がないので、効果を最大限に発揮することが困難です。

いっぽう、AGA専門クリニックなら、豊富な経験とデータをもとに専門医が診察・カウンセリングを行ってくれるため、各患者の症状や進行具合に合わせた最適な治療計画を提案してくれます。

また、内服薬や外服薬以外にも、メソセラピーやハーグ療法などの成長因子を用いた最新の治療も行っているため、副作用の心配をせずに高い発毛効果が期待できます。

病気やケガをしたら専門医に診てもらうほうが安心なように、AGAにおいても専門の病院を利用することで適切な治療を受けることができて精神的にも安心です。

プロペシア錠の個人輸入は避けること

プロぺシア錠は、薬局やドラッグストアでは市販されない処方薬に該当するため、病院にかかる必要があります。

しかし、病院に行くのが恥ずかしい、あるいは忙しくて行く時間がないとう人の中には、海外のプロペシア錠(フィナステリド)を個人輸入している人がいます。

海外製品のプロペシア錠は、偽物が市場に出回っているケースが多く、安全性が確認されていない医薬品もあるため、厚生労働省も注意喚起を行っています。

インターネットを利用して手軽に購入できる分、リスクは高いので、医師の処方により正しく服用することが大切です。

page_top

Copyright AGA治療比較ランキング※薄毛改善に最適な病院の選び方 All Rights Reserved